歯を抜かない矯正

矯正治療について、言及してきましたが、繰り返して言いますと、私は抜歯をしない(親知らずは別ですが)矯正治療をお勧めしています。

 歯は、本来必要だから存在していて、1本1本にはそれぞれ大切な役割があります。ですから、「余計だから、必要ないから抜いていいという歯」はあるはずがないと思います。
 
 また、歯は見せかけだけのためにあるのではありません。噛むためにあるのです。

 正面から見てただ直線的にきれいに並べるのは矯正治療のごく一部でしかないように思います。


 垂直方向、水平方向、口の中の高さ、(縦、横、高さ)そして噛む時の時間的な動きも合わせて3次元ではなく4次元的に歯の位置、顎の位置を誘導していきます。

 右上の症例の方も以前より、矯正治療のことは考えていらっしゃったのですが、年齢的に無理だと諦めていらっ者他のですが、とても真面目で、協力的な方であるということも相まってみるみるきれいに完成に向けて整ってきています。

 もちろん、親知らず以外は1本も抜歯していません。

 

右コラム 上部のタブより、実際の治療をご覧ください。

NEW!

熊本市南区八分字町81-3

TEL/FAX 096-227-3717

→→→アクセス

_/_/_/院長紹介・診療理念_/_/_/

11月の診療日のご案内

※23日(祝)は診療いたします

アクセス

熊本市南区八分字町81-3