おこさまーおうちのかたへー


写真は掲載許可をいただいています

 乳歯は、生え替わるから抜いても大丈夫と思われていませんか?

乳歯は永久歯をみちびく羅針盤です

 乳歯があること、それが役目を終えて抜けていくタイミング。全てに意味があります。そのタイミングが訪れる前に抜いてしまうと、その下にある永久歯は羅針盤を失って、本来有るべき場所へ生えてくることが出来ません。

  また、乳歯の段階で虫歯が出来たらまず、しなければならないのは、歯を削る治療ではありません。(虫歯があまりひどいとき残念ながらそうなってしまいます)

 虫歯が出来る=歯が磨けていない

 この環境を整えなければなりません。できる限りサホライド(虫歯の進行を止める薬)を塗布し、歯磨きの練習をして、口の中をきれいにすることが大事です。

 

 虫歯も、歯周病も細菌によるものです。乳歯のときにお口の中にミュータンス菌(虫歯の菌)や歯周病菌がたくさんいるところに、永久歯が生えてくると、どうなるでしょう。虫歯になるリスクが高いということがおわかりいただけるのではないでしょうか。

 

 

 大人の歯に生え替われば、歯並びが良くなるということは、ないのです。(必読です)

 

 では、どうすれば良いのでしょうか。これから、乳歯の大切な役割、そしてこども時代に何に気をつけて何を大切にしていけば良いのかをお知らせしたいと思います。

 


当院アメーバブログ(20.06.01)より以下転載

「当院が考える、こどもさん達にとっての歯科医院とは」

こどもさん達にとって、歯科医院とはどんなイメージの場所だと思われますか?
歯を削る怖いところ?

注射をされる痛いところ?

  

きっと、本人がそんな目にあってしまっていたり、兄弟や、お友達がそうだったりしたら、ネガティブなイメージが先行しますよね。

 

 
当院院長が考える こどもさんにとっての歯科医院とは、 
病院 院長「こどもさん達にとっての 本当の歯科治療というのは、形を修復する(削る・抜く)歯科治療ではなくて、歯科の口腔ケアを受ける習慣をつけることが本当の歯科治療だと私は考えます。
小児歯科の本来の役目というのは、虫歯になってから形を治療する(削る・抜く)のではなくて、成長・発達が正しく行われているかどうかを経過観察しながら虫歯にならない方法をおうちの方と、こどもさん本人に啓蒙することだと思います
痛くなったから歯科医院に来るというのではなく 病気にならない健康的な体を維持するために常日頃から関わりを持ってもらう場所だと考え、そのような歯科医院であることを心がけています。」

 

 

 

お母さんお父さんおうちのかた「うちのこは、はみがきがいやで、磨こうとしてもさせてくれないんですショボーン汗あまりに嫌がるからかわいそうでえーん

 と言われるかたもいらっしゃるかと思いますが、歯磨きせずに虫歯になって 知らない場所(歯科医院)で知らない大人達(歯科医師や歯科衛生士、スタッフ)に囲まれて治療する方が、より怖い思いをさせてしまうのではないでしょうか?

 

1番安心できるおうち家で、1番信頼しているおうちの方お母さんお父さんと一緒にはみがきの練習をして、慣れて、お口の中をきれいに保つことが、大事だと思われませんか?

 どう歯磨きの練習をして、その癖をつけていけば良いのかということを当院ではお教えしていますニコニコ

 

 

 

先日、当院の歯科衛生士 渡邉さんの ご主人が2人のこどもさん達と3人でクリーニングに来てくれました。

歯科衛生士のたかはまさんと、鏡を見ながらはみがきの練習

パパ(おうちの方)も、仕上げ磨きの練習をしてもらいます