本格的な治療をはじめる前に、小さいころにしておきたいこと。

歯は、いつも適正な位置へ行こうとしています。

しかし、何らかの影響で そこへ行けないので、歯並びが悪くなってしまいます。

まずは、本格的な矯正治療を開始する前に、 永久歯が並ぶスペースを確保するための 治療をすることが 美しく、機能的な 噛み合わせのゴールへ向かう大切な 第1歩です。

 

このトレーナーを用いることにより、 口を閉じる、鼻で呼吸する、というトレーニングも行っていきます。

このトレーニングが きれいな歯並びのためにとても重要です。

 

また、歯は、前から見た時に並んでいるだけでは 正しい噛み合わせと歯言えないのではないでしょうか。 きちんと 噛んで食べることが出来て初めて、正しい噛み合わせだと 考えます。

 

口の中が小さく、噛み合わせも低いため、上の歯が覆いかぶさるようにして、下の歯が見えません。

 

乳歯の状態で歯と歯の間のスペースがほとんど無いので、乳歯より大きな永久歯に生え替わると、正常に並ぶ事ができません。(不正咬合)

 

本格的な矯正治療を始める前に、トレーナーという マウスピースを 使って、水平方向、垂直方向に口の中を広げて行きます。(横、縦方向に広げていきます)


 

トレーナーを使う事により、大分高さが出て来ました。

下の歯の列が随分見えて来ています。

しかし、まだ横方向への広がりが少なく、歯と歯の間にはスペースがほとんどありません。

下の前歯2本が生え替わり、わずかですが横方向のスペースが出来始めました。

上の前歯2本も生え替わりました。

永久歯が並ぶためのスペースがかなり出来て来ています。

 

歯と歯が不正な位置で噛み合わさっていると、歯と歯がロックして、後から生えてくる永久歯の成長を抑制してしまします。

ワイヤーを装着する本格的な矯正治療の前に、スペースを作っていくことで、一時的に歯と歯のロックを外し、永久歯がなるべく正しい位置に並ぶようにしていきます。

 

それにより、ワイヤーを装着する期間も短くなります。

ここまで、トレーナーだけでなく 他のマウスピース様の 取り外し可能な矯正装置を 使って 口腔内を広げて来ました。

きれいに並んでいるように見えますが、 やはりまだまだスペースが足りません。

最終的には ワイヤーをつけての矯正となります。

NEW!

熊本市南区八分字町81-3

TEL/FAX 096-227-3717

→→→アクセス

_/_/_/院長紹介・診療理念_/_/_/

11月の診療日のご案内

※23日(祝)は診療いたします

アクセス

熊本市南区八分字町81-3