ジュエルティース

 

ブログで ご紹介した「ジュエル」ティースですが、治療過程をかいつまんでご紹介したいと思います。

 

 

なお、工程がジェルネイルに似ているので ジェルティースと表現していたのですが、材質がジェルではなくレジン(プラスティックの一種)なので、ジェルティース改め (レジンティックティースというのも何なので) ジュエルティースに変更しました。

 

 

治療開始時です。

向かって右の前歯は以前の治療あと、向かって左側の前歯は歯の切端が欠けてしまっています。

歯が全体に黄色いのは、テトラサイクリン歯のためです。

 

※テトラサイクリン歯

 妊娠中期~8歳くらいまでの間に服用したテトラサイクリン系抗生物質の副作用により、グレーや、黄色がかった色、また縞模様になっている歯のこと。 表面ではなく内部から変色しています。(テトラサイクリン系抗生物質の使用頻度が高かった昭和40年代に生まれた人々に多く見られるようです)

 

 

当初、既存の歯の色に合わせて治療していたのですが、全体に暗い印象になるので、ご本人の希望によりトーンを上げることにしました。

左から2番目の歯に、明るい色を使用してみました。 思っていた程違和感がないようなので、すでに治療した2本も同じ色に合わせることにしました。

 

前歯3本、トーンの明るい白に揃えました。

 

嚙合わせると、色の違いが目立ちますが、

下図のように 唇を閉じた自然な状態にすると、あまり目立ちません。

 

現在、軽く口を開けた状態で見える範囲の歯を継続して治療しています。

 

虫歯の治療ではなく、審美を目的とした治療の時には自費になります。

所要時間は1歯につき30分程度かかります。

詳しくは、スタッフまでお問合せください。

 

NEW!

熊本市南区八分字町81-3

TEL/FAX 096-227-3717

→→→アクセス

_/_/_/院長紹介・診療理念_/_/_/

11月の診療日のご案内

※23日(祝)は診療いたします

アクセス

熊本市南区八分字町81-3